眠れない夜に

太陽が昇る頃

私はベットに沈みゆく

新聞配達のバイクの音

それから私は眠りにつく


狂ってしまった体内時計を直したいけれど
睡眠薬なしでも気にしないこと。
「眠くなったら、どうしたって人間眠るから」
そう励ましてくれる母。
薬を憎む母。

子供の頃から、ベットに入って1,2時間は眠れなかった。
だから、そう不思議に思わなかった。
けれども仕事を始めて朝まで眠れなくなった
プレッシャーから不眠症になって気づいた。
これはおかしいんじゃないか?

「何時に起きなければ・・・」
そう考えると気が触れそうになる。

「約束」なんて出来ない。
それだけで気が重くなる。

「自由」でいても
焦燥感にさいなまれる。

みな苦しみを背負って生きている。
生きてるだけでいいから。
そう言ってくれる人がいるだけで、私は幸せなのだと理解している。

小さな幸せを見つけながら生きていこう。

それが一番の幸福だ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック